歯は虫歯になって削ったら、元にもどりません。
「詰めたら元に戻る」と思っておられるかもしれませんが、どうしても詰め物と歯の間に、人間の目では見えないほどの小さな段差ができます。その僅かな段差でも、さらに小さい細菌が溜まるには十分なのです。
「いかに歯を削らないようにするか」ということがとても大切になります。

お子様の予防歯科

正しいブラッシングの指導の他にフッ素塗布とシーラントを行うことで、お子様の歯を虫歯や歯周病(歯肉炎)から守ります。

★ フッ素 ★

Q.フッ素ってどんなもの?
フッ素とは歯の表層のエナメル質を強くする自然元素の一つです。身近なものでは、緑茶、紅茶、味噌、リンゴ、大根、イワシ、牛肉などに微量ですが含まれており、骨や歯などにも含まれています。
  • 再石灰化の促進…歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化(歯を修復する)を促進させる
  • 歯質強化…エナメル質を強化し、酸に溶けにくい性質に修復してくれる。
  • 酸の生産抑制…プラーク(歯垢)が作る菌の働きを弱め、プラークが作る酸の量を抑えます。
Q.いつからするの?
1歳半ごろから小学生の間までと考えてください。
3ヵ月に1回程度塗布すると効果的です。

歯科医院で塗布するフッ素の濃度は9000ppmで、歯磨剤に含まれるフッ素濃度は950ppmです。併用していくことで、効果は大きくなります。

★ シーラント ★

Q.シーラントって何?
6歳臼歯など、萌えたての奥歯は溝の形態が複雑で、深く、むし歯に罹患しやすいです。
そこへ、樹脂(プラスチック)を詰めて、溝を浅くして、歯を磨きやすくし、むし歯を予防する方法です。(歯は削りません!)
Q.どこにするの?
基本的には、永久歯の奥歯ですが、溝が深い乳歯でも適応です。
Q.いつするの?
奥歯(永久歯・乳歯)が萌出して、歯肉(歯茎)が歯に覆って折らず、その歯の溝が全て見えるようになったらできるだけ早い時期にすることをお勧めします。

シーラントは薄い樹脂を溝に流し入れるため、食事していくと欠けることがあります。
そのまま放置しておくと、その段差にプラークが貯まり、むし歯になりやすくなるので、定期的に歯科医院へ行き、チェックしてもらいましょう。

大人の予防歯科

毎日歯磨きをしていても時間の経過により、歯ブラシで落としきれない細菌バイオフィルム、プラーク、歯石が付着します。それが、むし歯、歯周病、口臭の原因となります。
歯周病菌は全身疾患(脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病など)に繋がると報告されています。

当院では、超音波機械および手器具による歯の清掃、PMTC(professionalMechanical Tooth Cleaning:専門家による歯の機械的清掃)の二方法によって、予防歯科に取り組んでおります。

PMTCでは、バイオフィルム(プラーク)、歯石、ステイン(着色)を丁寧に除去して、細菌量を抑えることで、歯茎の炎症を抑えます。
当院では、フッ素含有ペーストを用いてさまざまなタイプの器具を使い行っております。

PAGE TOP