虫歯の治療

小さいむし歯

削った所に歯の色に似たレジンという樹脂を詰めて研磨します。
1回の治療で終了し、歯を削る量も最小限で済みます。
昔のレジンより強度も増しています。

中程度のむし歯

レジンかインレー(部分的な金属)で修復します。
インレーの場合は型を採りますので、2~3回の通院が必要です。
保険治療のインレーは金属色となりますが、保険外で白いインレー、適合・馴染みの良いゴールドインレーもございますのでご相談ください。

大きいむし歯

神経を除去する治療(根の治療)が必要となります。神経治療は病態によりますが、3~6回位の治療回数が必要です。神経治療後から、土台を立てて被せを入れていきます。
保険治療では金属の被せ物の他に、小臼歯(前から4、5番目)には保険適用の白い被せもございます。保険外になりますが、大臼歯(前から6、7番目)の白い被せ物、およびゴールドの被せ物もございますので、ご相談ください。

歯を失った時の治療法

入れ歯

歯を僅かに削ることで作製できます。しかし、異物感があり、慣れるまでには時間がかかります。取り外して洗うことに手間がかかり、また老けた気持ちになる方もいらっしゃいます。 噛む力は天然歯よりはるかに弱く、他の治療法と比べて限界があります。

保険外の入れ歯

金属床の入れ歯:
床が金属でできているため、保険の入れ歯に比べて厚さが3分の1と薄く、異物感が少なく、適度な密着により会話も楽になります。(床が薄いため、舌を動かす範囲も広がります)
また、金属の優れた熱伝導率により食べ物の温度を敏感に感じることができ、今までのような食感を楽しめます。
ノンクラスプデンチャー:
従来の入れ歯のように金属のバネがないため、入れ歯と気づかれにくく、審美的に優れている入れ歯です。(症例によっては、入れ歯の安定のために奥歯には金具が付くことがあります)

ブリッジ

入れ歯のような取り外しがないため、少数歯欠損ではよく選択されます。
ただ、ブリッジを固定するために周囲の健康な歯を削る必要があります。
また、支えとなる削られた歯は負担が大きくなります。ブリッジは冠がつながっているので、糸ようじ(デンタルフロス)が通らないため、健全歯以上に歯間ブラシでの清掃が必要となります。

インプラント

自分の歯と同じような感覚で噛むことができ、食べ物の味や感触がよくわかります。また、入れ歯やブリッジのように周りの歯を傷つけません。
歯を抜くのと同じ程度の手術が必要です。お体に疾患がある方で適応にならない場合もあります。
現在、保険適用はありません。治療本数、部位などによって費用は多少異なりますので、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP